保育所の問題点に対する対応策

保育所の問題点に対する対応策

保育所の問題点に対する対応策

企業内保育施設の利用
お子さんを預ける時になってから保育施設について深く知るというママたちも少なくありません。待機児童問題などについて詳しく理解されている保護者の方は、お子さんが生まれる前、結婚されてからすぐに、お子さんの保育という問題について考えています。

例えば結婚が決まった時点で新居を待機児童問題が少ない地域に限定するという事、また職場が遠くなっても都市部ではなく近隣に引っ越し、そこで保育を考える等、ある程度動いているのです。でも待機児童問題なんて自分に関係ない、暫く働く気がないし・・・と思っている人は、突然働く必要が出てくる、働かなければ生活できないという状況になって、あわてて保育所を探すという事も少なくないようです。

また兄弟、姉妹がいるという場合に、保育所に上の子が入っているから弟、妹も入る事が出来ると思っていたら、結局入れず、下の子の保育をするために仕事に行けなくなったという方もいます。この場合、企業内保育などがある職場なら問題は解決しやすいです。

最近女性の多くが、こうした職場内保育がある企業や、職場内ではなくても提携している保育所があるという企業を就活先として選んでいるという話も聞きます。働くという事を前提に考えている方は、企業内保育を実践しているところで雇用を考えてもいいと思います。ただ、まだまだ少ない状態なので、別の策も考えておく方がいいと思います。