保育所の問題点に対する対応策

保育所の問題点に対する対応策

保育所の問題点に対する対応策

問題解決プロジェクト
実際に待機児童に関して何とか対策を立てたいと実施されたプランとしては、2013年から2015年の期間に緊急集中取り組み期間として行われたプロジェクトがあります。

賃貸方式、また国有地を活用し保育所を増設する、保育士の確保、小規模保育事業などの新制度の先取り、認可を目指している認可外保育施設への支援、事業所内保育施設の支援などが行われました。

事業所内保育所などは女性がお子さんの保育が必要という状態でも、人材確保という面で企業が協力し、事業内に保育所を設けて仕事をしてもらうという設備です。また小規模保育事業が行われるようになったことで、多少、保育施設が増えているようですが、このプロジェクトを行ったからといって待機児童問題が大きく解決に動いているという事もありません。

個人としては認可保育園よりも費用がかかってしまいますが、無認可保育園の活用を考えること、また延長保育や24時間預かりなどを行っている保育施設等も個人で考えてほしいとしています。自分たちが暮らしている地域で保育施設を探すことが出来ればいいのですが、そこに入所できる保育所がないという事なら別の近隣地域や職場の近くなどで保育所を探すという事も行ってみるべきでしょう。